トップ ページ 
設立趣旨・目的 
定款 
今後の予定 
平成20年度事業 
前年度以前事業 
選挙管理委員会 
指定管理者制度 
メールニュース 
リンク 
更新履歴 
お問い合わせ 

 

第8号 2003年3月19日発行

 

 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
    エコプラザさばえ(鯖江市環境情報学習センター)メールニュース
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
<目次> 

 ▽エコプラザNEWS
 ▽ネットに署名1000人超「戦争したくない」
 ▽イベント・3月23日(福井)「竹取、竹プランター作り」
       ・3月26日(鯖江)夢広場
       ・3月27日(鯖江)『環境⇔産業』セミナー
 ▽神奈川県の小学校、雨水タンクで環境教育
 ▽「米国に罪はないのか」
 ▽「今こそ合州国の正体直視を」
 ▽ワールドピースナウからの呼びかけ

■■エコプラザNEWS:
○14年度 土曜塾の記録をホームページにアップしました。
http://www.sabae-npo.org/ecoplaza/doyoujuku.html

○鯖江中学校一年生は14年度、「人と環境」というテーマで総合学習に取り組みまし
た。その発表会で使用したパネルや、鯖江の将来像を描いた新聞がエコプラザ内に掲
示してあります。どうぞご覧下さい。

■■「戦争したくない」
  ネットに署名1000人超 アピール文も作成 米大使館に提出
http://www.kenmin-fukui.co.jp/00/fki/20030317/lcl_____fki_____010.shtml
 イラク情勢が緊迫する中、ホームページ上で反戦の草の根運動に取り組む福井市の
市民ら が武力攻撃への反対署名を募る活動を展開している。十六日までに国内や米
国から千人以上の署名と平和を願うメッセージが寄せられた。
 活動の中心となっているのは、福井市町屋の会社員石丸朗さん(41)。「いつでも
反戦の意思が示せる場を」と、ネットで知り合った東京に住む仲間と協力し、一昨年
の米中枢同時テロ後、HPを設けて反戦、平和を訴えている。
 イラク攻撃への反対署名には、国内からは「太平洋戦争の悲惨さを思い出してほし
い」と訴える年配の人のほか、「僕は戦争はしたくありません」とのメッセージをつ
づった五歳の男の子も。
 また、▽武力行使を断念し、査察継続に努める▽国連中心の平和的解決に努力する
−の二点を日米両政府に要望するアピール文も作成。東京の仲間が十五日、署名リス
トと一緒に米大使館に届けた。今週中に日本の首相官邸にも提出する予定だ。石丸さ
んは「今回の署名呼び掛けはささやかな活動だが、政府には戦争を拒否しても米国民
と仲良くやっていけることを示したい」と話している。(3月17日中日新聞)

上記の署名ができるHP
http://homepage2.nifty.com/mekkie/peace/berkley.html
*18日時点で日米の賛同者1800名をこえ、3月20日午後2時に政府へのアピール提出の
予定です。

---------------------┤イベント情報├---------------------
■「竹取、竹プランター作り」
 足羽山の竹を採って、プランターを製作します。風流塾が、製作のレクチャーをし
ます。作った半分は愛宕坂の修景に使わせてください。使用後は、花付で差し上げま
す。(枯れているかもしれませんが)
日時:3月23日(日)午前9:00〜
集合場所:足羽山三段広場下
問合せ及び申込み: 風流塾 
fuji@ma.interbroad.or.jp

■第24回「夢広場〜向当 和弘さん」
 NPOセンター夢広場委員会企画運営の定例サロン。市内外で活躍の市井の方々を招
いて「夢」を語り合います。オープン形式ですので、どうぞご自由にお越し下さい。
日時:3月26日(水)20:00〜21:00
場所:さばえNPOセンター交流サロンにて
ゲスト:向当 和弘さん
テーマ:身土不二の心と共に広がる音楽
*今回のコーディネーターはエコプラザ事務局の白井さんです。

■さばえ『環境⇔産業』セミナー
 環境調和型企業経営の必要性−エコロジーとエコノミーの調和−
日時:3月27日(木)午後1:30〜3:00
会場:嚮陽会館2階大会議室
講師:麗澤大学国際経済学部教授 大橋照枝氏
定員:先着90名
受講料:無料
問合せ:鯖江市環境課 tel.0778-53-2220
           E-mail 
sc-kankyo@city.sabae.fukui.jp

------------------------------------------------------
■■神奈川県の小学校、雨水タンクで環境教育
 大和市教育委員会は、環境教育の一環として市立小学校全19校に今年2月に雨水タ
ンクを1基ずつ設置した。容量は250リットル。かつてウイスキー樽として使われたも
のをタンク本体として再利用している。
 雨どいにパイプを接続し、フィルターを通してろ過した雨水を貯留するもので、花
壇の水やりなどに利用していく。教育委員会では、「自然のたいせつさ、ひいては地
球環境のことに目をむける手助けになれば」と、設置効果に期待している。
 ある小学校では、雨水タンクの設置業者の社長に雨水利用や雨水タンクについての
話を聞いたり、実際の雨水タンクの設置状況を見学するなど学習を深めた。設置の際
には、児童も雨どいをのこぎりで切ったり、パイプをセットしたりなど手伝った。
http://www.city.yamato.kanagawa.jp/kouhou/HTML/p1048.html

■■「米国に罪はないのか」(抜粋)
 米同時多発テロ(911)事件が起きた後、いつのまにか「テロとの戦争」は「イラ
ク戦争」に焦点が移り、しかも当初は「テロ支援国家への攻撃」と説明されていたの
が、「大量破壊兵器保有国への先制攻撃」へと変わった。最近のブッシュ米大統領の
演説では、中東に民主的国家をつくるための「体制転換」、つまり、フセイン政権の
転覆だという。
 イラクの大量破壊兵器問題でいえば、米国もその責任を免れない。米国は軍事支援
のみならず、炭疽(たんそ)菌など生物兵器のための培養基をも供与した疑いがある
。イラン・イラク戦争およびクルド人掃討作戦では、イラク軍の化学兵器使用を見て
見ぬふりをした。
 フセイン政権はいかがわしい。だが、米国の主張もうさんくさい。
 ひとことでいえば、何のための戦争なのか?はっきりしないのだ。
 だから、世界の多くの人々が反戦デモに参加する。うさんくさい戦争は支持できな
いのである。
 「国際紛争の解決には、時として、武力行使も必要だ」との主張も分からないでは
ない。「戦争が人類の歴史を変えてきた」という国際政治のリアリズム論も分かる。
 しかし、私は記者として、世界各地の戦場を目撃し、泣き叫ぶ子どもたちや疲れ切
った表情で座り込む母親、さらには焼け焦げた戦車の傍らに転がる若い兵士の黒い遺
体を目撃してきた。
 戦争はない方がいい。「戦争は最後の手段だ」というフランスのシラク大統領の言
葉は決して間違っていない。(3月13日毎日新聞東京朝刊 外信部 石郷岡建)

■■「今こそ合州国の正体直視を」(抜粋)
 国連安保理で否決されても、合州国は単独で開戦・侵略に踏み切る構えである。
 あたりまえだ。アメリカ合州国の歴史は、こういうことの連続の末に今日の地球史
上最強・最悪の帝国となった。ワシントン初代大統領以来の二百余年間は、手段を選
ばぬ詐欺・脅迫・テロ・虐殺による侵略史にほかならぬ。そのことはこれまで機会あ
るごとに触れてきたが、目前でまたしても超大軍事力によって同じことが強行されよ
うとしている今、「正確な合州国史」にうといままその正体に気付かぬ例が多い日本
人のためにも、このさい改めて正面から指摘しておきたい。
 米西戦争などで世界制覇競争に勝った合州国は、それまでに北米大陸での先住民族
侵略をウンデッドニー虐殺によって終了していたが、以降そのままハワイ・グアム・
フィリピンへと「西部へ西部へ」を進めた。朝鮮戦争につづくベトナム戦争で、合州
国軍隊はワシントン初代大統領以来初の敗戦を喫したものの、侵略のための巨大軍需
産業や体質に傷はつかなかった。その成りゆきとしてのイラク戦争(12年前も今回も
)である。
 合州国は“民主主義”をタテマエにしている。実態はともかく、民意を完全・明白
に無視した侵略は支持されない。そこで開戦のとき必ずといえるほど使われるテこそ
、相手が先に攻撃したとみせか ける捏造事件である。これは先住民族への侵略以来
イラクまで一貫してきた。戦艦メーン号爆破事件(米西戦争)をみよ。トンキン湾事
件(ベトナム戦争)をみよ。真珠湾(太平洋戦争)をみよ。そしてイラクのクウェー
ト侵入(湾岸戦争)。
 こんどはどんな捏造が、いいように操作されるマスコミによって“報道”されるこ
とだろうか。(週間金曜日3月14日号「風速計」 本多勝一)
http://www.kinyobi.co.jp/KTools/fusoku_pt?v=vol451

■■ワールドピースナウの呼びかけより(抜粋)
◇私たちのお金が戦争につぎ込まれないようにするために。
  私たちの暮らしが年々厳しくなる一方、私たちのお金が軍需産業、戦争につぎ込
まれています。日本がアメリカ国債を買い、ブッシュ政権の戦争を支えているのが現
在の実情です。私たちのお金が人殺しに使われるなど言語道断ですが、その仕組みを
絶たない限り、戦争資金への援助をそのままにしながら「戦争のない世界」を願うと
いう、矛盾した構造に翻弄され続けることになります。
 お金のあり方、使い道に取り組んでいるみなさま、地域が貧しくなり、そして戦争
が起こされるお金の流れについてアピールしましょう。お金の預け方と使い道を変え
ることで私たちは真に平和な世界に近づけるはずです。
http://www.worldpeacenow.jp/

------------------------------------------------------
□□ことばピックアップ:SMAP

 もし、世界中のすべての人が、
 ありのままの自分を好きになれたら、
 戦争なんてなくなると思う。

(新曲「世界に一つだけの花」のテレビCM)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆皆様からのフィードバック、情報提供をお待ちしています。
☆ニュースのバックナンバーは下記ホームページで見ることが出来ます。
☆このニュースを購読される方を是非ご紹介下さい。
☆配信停止はこのメールに「配信不要」をペーストして返信して下さい。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【発行】NPO法人鯖江市民活動交流センター内 エコプラザさばえ実行委員会
    〒916-0024 鯖江市長泉寺町1-9-20
      (朝10時〜夜10時、日曜朝10時〜夜7時、月曜・祝祭日休館)
    Tel.0778-54-8434  Fax.0778-54-7058
        E-mail
info@sabae-npo.org
         Web 
http://www.sabae-npo.org/ecoplaza/
         (↑メールアドレス・ホームページアドレスが新しくなりました↑)
【編集】林 暁、白井純子、辻子裕二
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 エコプラザさばえメールニュース 第8号      2003年3月19日発行

 


Copyright(c) 2002 Eco Plaza Sabae. All rights reserved.