あけましておめでとうございます!!

 

shinnen2018.jpg

謹賀新年

~戌(いぬ)と共に歩む~

 

認定特定非営利活動法人エコプラザさばえ
理事長 井上哲夫

新年明けましておめでとうございます。皆様に於かれましては良い正月をお迎えのこととお慶び申し上げます。

旧年中はエコプラザさばえの事業にご協力、ご支援、ご理解を頂きまして誠にありがとうございます。
今年も引き続きよろしくお願い申し上げます。

さて昨年は、ため池を利用した水上太陽光発電事業の案件が突然出てきました。それに取り組むための定款変更ということで臨時総会を開催させて頂きました。ご承認を頂き、現在は事業認可、開始のための準備に取り組んでいるところであります。

エコプラザさばえは、今日までの皆さんの熱心なな取り組みにより、各方面から信頼と大きな期待を頂くようになりました。今後それに応えるためには先ず会員力を高め、そして当面の目標としては政策提言をしていけるようになることが大事です。

そのため最終的には安定財源が必要となります。太陽光発電事業は再生可能エネルギーを利用した地球温暖化防止策として取り組むことが主目的です。一方でエコプラザさばえの運営をしっかりと支える財源づくりの効果もあります。他のNPOには例の見ない新事業の成功に向け、今後とも皆様の更なるお力添えをお願い致します。

今年は戌(犬)年です。犬は古くから人間と共に生きてきました。その長い歴史の中で様々な形や能力を持つ犬がつくられてきました。別な言い方をすれば進化しとも言えるでしょう。そして人には出来ないことを犬がかわりにやってくれます。

「様々な形や能力」と言うことでは私たちNPOも似たところがあります。例えばエコプラザさばえは環境分野で、その他福祉や地域おこし等様々な形のNPOが、それぞれの能力を発揮し社会と共生しながら、行政では出来ない活動しています。そしてこれからのNPOは、絶えず進化することで新しい社会との共生を図っていく必要があります。

エコプラザさばえも、そしてそれを支えてくれる会員の皆さんも、犬から学ぶことがきっとあると思います。これを機会に犬のことをもう一度見直してはいかがでしょうか。

最後になりましたが、会員の皆様におかれましては、素晴らしい一年となられますことをお祈り申し上げます。

 

平成30年元旦